menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

ペット関連の仕事の為に勉強しておきたい事!?

ペット関連の仕事の為に勉強しておきたい事

ペット関連のどのような仕事に就いても役立つ、「今のうちに勉強しておくといい事」。
この記事では、ペット関連の仕事のために、今のうちに勉強しておくといい事を4つ紹介します。

紹介する4つのことは、どのペット関連の仕事にも役立ちますので、勉強しておくと絶対に損はありません。
できれば、勉強の先に資格が取得を可能にできれば、よりあなたのプラスになると思いますよ。

1、動物の法律・現状

ペット産業は、現在1兆円とも言われています。
もちろんこの数字は、日本国内だけです。

世界に目を向けるとさらに膨大な額がペット産業で動いています。
日本だけでなく、世界中でペットブームとなっており、ペットマーケットは、今ものすごく盛んです。

しかしその一方で、辛い現実も年々増え、悪質になりつつあります。
日本国内に関しては、殺処分される犬猫の数は、少しずつ減っているとはいえ、その数は、年間計138268匹(環境省平成25年度調べ)。

健康な犬猫から、負傷した犬猫、飼い主不明の動物など、内訳はさまざまです。
ペット関連の仕事に就きたいのは、「動物が可愛いから」「動物が好きだから」という明るい理由かもしれませんが、「命」を扱う仕事である、という事も決して忘れてはいけません。

プラスの面もマイナスの面も全部勉強し、理解した上で、責任を持って仕事を全うするためにも、ペットの「今」を知ってください。
そして、それを受け、動物に関する法律も改正されています。

悪質なブリーダーや引き取り業、保護施設の事件も日々発生しており、今後もさらに法律の改正が進むと予想されます。
ペット関連の仕事で責任を持ち働くためにも、刻一刻と変化する動物の現状、法律を勉強しておきましょう。

2、ペットの種類

ペット関連の仕事でプロとして働くには、最低限動物の種類は把握しておきたいですよね。
また最近では、海外からも珍しいペットが輸入され、以前とは比べ物にならないほどの種類の動物がペットとして飼育されています。

ペットショップでは、特にお客様からの質問や問い合わせも多いと思うので、その都度しっかり対応できるよう勉強しておきましょう。
プロなのに質問された内容に「分からない」と答えるのは、ちょっと恥ずかしいですよね。

3、アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーションとは、ペットと会話ができる能力です。
もちろん、本当に言葉が交わせるというわけではありません。

動物の生態、性格、行動、しぐさなどを見て、今何を思っているのか、どんな事を要求しているのかを瞬時に判断できるスキルの事を言います。
動物病院やペットショップ、ペットシッターや介護士、訓練士等、ペットと直接接する機会が多いペット関連の仕事では、持っていると絶対に損はしないですよね。

動物の気持ちに少しでも近づけることができたら、その分仕事の成果も上がります。
ぜひ今のうちにアニマルコミュニケーションの勉強を行い、できれば、資格まで取得しておくといいでしょう。

4、コミュニケーション能力

ペット関連の仕事は、対動物だけではありません。
ペットには必ず人間という飼い主の存在があります。

だからこそ、対人間に対するコミュニケーションスキルは、絶対に必要です。
もともと人と接する能力に長けている方もいますが、勉強次第で、その能力を高める事は不可能ではありません。

飼い主の機嫌を損ねると、可愛いペットの健康や生活にまで悪影響を及ぼす可能性も高いので、上手にコミュニケーションが図れるよう、今のうちにしっかり勉強しておきましょう。
ただし、会話のできない動物よりも、人間の方がはるかにコミュニケーションを図るのが難しいケースもありますので、この機会に本格的にビジネスで活用できるコミュニケーションスキルを学び、資格を取っておく事もおススメです。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事