menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

ペット業界で働いている実際のプロはどんな資格を持っているの?

ペット業界で働いているプロはどんな資格を持っているのか

ペット関連の仕事をしているプロの方が実際に持っている資格を紹介します。

1、ショップ系

「動物取り扱い責任者」

ペットショップやブリーダーとして独立開業しているプロが所有する資格で、資格取得、登録には、環境省が認める所定の機関でのライセンス習得など条件をクリアする必要があります。

同時に、「ぺット販売技能師」の資格を持っていることが多い。
「ペット販売技能師」とは、ペットの専門的な知識を活かし、ペットの飼い主となる顧客に必要な情報を提供、アフタフォローを行い、適切にペットを販売する事ができると認められた資格です。

「食品衛生責任者」

ペットカフェ、ドッグカフェ、猫カフェなど飲食店オーナーが所有する資格で、栄養士、調理師、製菓衛生士、食品衛生管理者の資格を持っていれば、有資格者になれます。
また、来店するペットの飲食も提供する場合は、同時に「ペット栄養管理士」等の資格を持っていることが多い。

「ペット栄養管理士」とは、ペットの栄養、健康増進に関する知識があると認められた資格で、飲食以外のペットフード研究開発、等の企業や会社でも役立ちます。

「トリマー」

ペットの毛のカットやシャンプー、ブラッシング、マッサージ、爪のカット、ドライヤーなどを行う動物の美容師で、ペットサロンやペットショップ、動物看護師が実際に取得所持しています。
トリミング技能師、ペットグルーミング、など資格試験実施団体や協会によって、名称が異なります。

2、医療系

「獣医師資格」

ペットの病気、怪我の治療やケア、予防に健康診断、防疫など、幅広い医療行為に対応する資格で、これが取得できなければ、獣医師になれません。
獣医師は、国家資格以外にも、各地域の市町村から「狂犬病予防員」の資格認定も受けています。

「動物認定看護士」

動物病院で、獣医師の補助として働く看護士さんが持つ資格です。
各団体によって名称が異なり、一般社団法人日本ペット技能検定協会の「小動物看護師」、財団法人職業技能振興会の「動物看護技能認定」、小動物獣医師会の「動物看護師」、JCSAの「動物看護士」、動物看護師統一認定機構の「動物看護師統一動物看護師」があります。

現在、バラバラに実施されている民間の資格を一本化することが予想され、いずれは国家資格になる可能性があります。
プロとしてすでに活躍されている動物看護師の方は、各団体の民間資格を所有し、かつ実際の現場で2,3年の実務経験があれば、そのまま一本化される予定の資格へ移行できます。

「動物介護施設責任者資格」

動物介護施設オーナーが所有する資格。
同時に小動物介護士、小動物管理士、小動物介護士認定、などの資格も持っています。

「ペットセラピスト」

動物看護師や動物介護士、訓練士のプロが所有することが多い資格です。
ペットの健康管理およびストレスケアの知識、能力があるものに認められた資格で、しつけやグルーミング、マッサージの技術も取得できます。

その他

「ブリーディング技術師」

プロのブリーダーが所有する資格で、正しい繁殖スキルと動物の生態に熟知している方に与えられます。
その他、「ペット繁殖指導員」、「ドッグブリーダー」、「愛犬飼育管理士」等各団体によって名称が異なりますが、いずれもブリーディング技能師に匹敵する高度な繁殖スキルを証明する資格です。

「トレーナー」

警察犬、麻薬探知犬訓練士やハンドラーが所有する資格です。
社団法人日本警察犬協会の「日本警察犬協会認定犬訓練士」や「日本警察犬協会公認訓練士」などがあります。

家庭犬訓練士が所有するのは、日本ペット技能検定協会の「ドッグトレーニングアドバイザー」や、財団法人職業技能振興会の「家庭犬トレーニング技能師認定」資格などがあります。
その他、ジャパンケンネルクラブ認定のハンドラーや訓練士の資格を持つプロもたくさんいます。

シェパードに特化した訓練士のプロは、日本シェパード犬登録協会認定の「JSV公認訓練士」の資格を所有している事が多いです。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事