menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

将来動物に係る仕事がしたい!ペット関連の仕事には何がある?

ペット関連の仕事には何があるのか

ペットとは、一般的に「愛玩」を目的として飼育される動物のことをいいます。
愛玩具動物、伴侶動物、コンパニオンアニマルなどの言葉で表現されていることからも、イメージできますよね。

人間の生活をさまざまな形で「楽しく」「豊かに」してくれる、かけがえのない動物。
そのため、近年、動物を「ペット」として飼っている方がとても多く、それに関する仕事等の需要も高まっています。

この記事では、現在注目のペット関連のお仕事を紹介します。
どんな種類があるのか、今のうちに把握しておくと、将来の目標が立てやすくなりますので、参考にしてください。

1、医療系関連の仕事

動物の病気、怪我を治療することはもちろんですが、飼育管理の防疫、衛生面の指導から検査、健康管理、メンタルケアなど医療系の全ての業務に対応します。
獣医師、動物看護士、動物介在療法士、ペットセラピーなどがあります。

ただ、近年のペットブームをうけ、対応するのは犬、猫だけではありません。
犬猫、フェレットにウサギなどの哺乳類から、豚、牛など家畜を専門とする医者や看護士、さらに、爬虫類や鳥類、海洋生物などを専門とする場合もあります。

いずれも専門学校、大学を卒業後、資格取得が必要なので、難易度が高く、十分な対策が必要です。

2、トレーナー系の仕事

独立開業がしやすいのがトレーナー系のペット関連の仕事です。
動物の持つ特殊な能力を最大限に引き出し、あらゆるシーンで活かせるよう訓練するお仕事です。

例えば、ドッグトレーナーの場合は、人間とよりよい生活を過せるような訓練を実施、ドルフィントレーナーは、観客を楽しませる能力などを引き出します。
さらに、凶悪な犯罪を未然に防ぐ警察犬や麻薬探知犬、災害等の第一線で活躍する災害救助犬、目や耳などが不自由な方の生活をサポートする盲導犬、聴導犬、介助犬、などがあります。

公務員としての職場から民間、そして独立、ボランティアなど活躍の場が幅広い事も人気のペット関連の仕事です。

3、ショップ系の仕事

近年、ペットを扱うショップもとても増えています。
犬、猫、フェレット、ウサギに魚、爬虫類などを販売するペットショップ、大型の動物から爬虫類までと触れ合える動物園、自分の愛犬と一緒に食事が楽しめるドッグカフェ、自宅でペットを飼えない方が癒しを求める猫カフェ、などなど、実に多くのペット関連のショップがあります。

学歴、経験等問わず、働く事も可能。
また経験を活かし、将来独立開業も夢ではありませんよね。

4、美容系の仕事

ペットサロンにペット美容室など、時に人間なみの美容を取り入れる飼い主さんも最近では珍しくありません。
そのため、ペットサロンやペット美容室は、ペット関連のショップや動物病院等に併設される事も多く、需要は以前に比べてとても高まっています。

特にトリマーは、手に職をつけることができるので、突然の失業やリストラ、復職、転職等にもとても有利です。

経験を積み重ねると独立開業もしやすい職種で、特に、手に職をつけたい女性に圧倒的な人気となっています。

5、研究開発

食べもの、シャンプーや石けん、サプリメントや洋服等々、動物・ペット関連のモノを研究開発するお仕事も大変人気です。
食品会社やペットフードメーカーなど大手企業への就職が可能で、高収入も期待できます。

6、その他

動物カメラマン

犬や猫、その他動物を専門に撮ったりするお仕事で、その写真を雑誌や広告等に使用することもあります。

ペットシッター

ペットとして飼われている動物を飼い主にかわってお世話する仕事です。
最近特に需要が高まっているので、今のうちに資格を取得しておくのがベスト。

ペット探偵

大事な家族の一員として飼われているペットですから、そのペットがいなくなるのは一大事。
そこで、行方不明になった犬、猫、ウサギに、フェレットなど、依頼者からの相談を受け、ペット探しに対応します。

ペット栄養管理士

ペットの健康向上を目的に活動するお仕事で、動物病院、ペットホテル、ドッグカフェなどで活躍できます。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事