menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

ペット関連の仕事に就く「楽しい」以上の5つのメリット!?

ペット関連の仕事に就く楽しい以上の5つのメリット

ペットや動物関連の仕事に就くメリットは、実にたくさんあります。
具体的にどのようなメリットがあるのか、まとめてみましたので参考にしてください。

1、「動物」にどっぷり浸れる

動物好き、といっても全員が全員、自分の手でペットとして飼育できるとは限りませんよね。
ペット禁止のアパートやマンションの場合は、もちろんどんなに動物好きでも飼うことはできません。

また動物嫌いや、アレルギー体質が家族に一人でもいたら、それでも飼育は不可能となります。
以上のことから「動物」好きとはいえ、さまざまな条件で、なかなか思うように動物と触れ合う事ができないのが現状です。

しかし、ペット・動物関連の仕事に就いたら?
少なくとも1日約8時間、週5日で大好きな「動物」のことだけを考えて、過せます。

中でも、ペットショップや動物病院、ドッグカフェや動物園、水族館に猫カフェ、といった環境は、「動物」に直接触れることができるので、動物好きにとって、この仕事は楽園といっても過言ではありません。

その他、直接「動物」に触れる機会は少なくても、ペットフードやペットアパレルなど、ペット関連グッズ等の開発研究、製造している環境でも、ずっと「動物」の事だけを考えていられます。

三度の飯よりも、友達と遊ぶよりも、とにかく「動物」「ペット」の事だけを考えたい、その環境に浸りたいという方には、最高の仕事といえます。

2、専門的な技術・知識が身につく

ペット関連の仕事は、すべて専門的な知識、技術が要求されます。
そのため、誰もが簡単に就ける仕事ではなく、将来あなたの力になる事は間違いありません。

例えば、動物看護士は、獣医師の補助的仕事から、動物の健康管理、医療系の事務、グルーミング・爪切、ドッグセラピー、飼い主のメンタルケアと、幅広い能力、技術が養われます。

一度つけた特殊能力は、今後失われる事がないので、たとえ結婚や育児、病気等で職場を離れなければいけない状況になっても、再就職がしやすいのが一般的。
近年のペットブームを受け、ペット・動物関連の仕事の需要はますます高まっているので、「手に職がつく」事は、とても大きなメリットといえます。

ただし、各企業や会社によっては、現場での経験や実績以外に「資格保持者」という求人条件を設けているところもあるので、実際の能力と技術以外に目に見える資格も身につけておくのがベストです。

3、仕事に就きやすい

ペット関連の資格があると、年齢問わず、就職しやすいのがメリット。
ペットブームの興奮はいまだ冷めず、今後も上昇すると予想されています。

そのため、関連する仕事は以前に比べとても多く、求人が安定しています。
しかも、他の仕事と違い専門的な技術、知識が要求されるので、再就職や転職もしやすい傾向にあります。

高収入も期待できるので、万が一夫のリストラや失業、病気といった無収入の状況でも、ペット関連の資格を持つ妻が家計を助けられる、という事も期待できますよね。

4、ポジティブになれる

自分のペットではないのにただ動物を見ているだけで癒される、という経験はだれにでもあると思います。
その証拠に、動画サイトやテレビ番組で高視聴率、高評価を得ているのが、動物関連の動画やサイトです。

ユーチューブには、日々世界中のワンちゃんや猫ちゃん、フェレットにうさぎ、ウォンバットやカンガルー、カワウソなど、自分の飼っているペットの様子をアップしている方が多いですよね。

その様子を見るだけで、なんとなく、前向きな気持ちになりませんか?
動物には、人間の心を癒し、ポジティブにしてくれる能力があるといわれています。

その能力を最大限に活用しているのが、アニマルセラピーですよね。
病気でふせている方、高齢者や認知症の方などが動物に触れる、見るだけで、心が癒されて前向きになるという効果があります。

不思議な能力を持つ「動物」とずっとふれあい、考え、見ている事ができるペット関連の仕事は、まさにストレスのない環境といえます。
煩わしい人間関係も、仕事での失敗や辛い事も、動物を見ているだけで「よし明日も頑張ろう」と、思わず笑ってしまえるのが、この仕事の良い所です。

事実、ペット関連で働いている方は、目の前にいる動物を見て、無意識に笑っているので、自然と職場の環境が明るく、楽しいというのが特徴です。
ただし、ペット葬儀者や医療機関、介護施設等では、笑顔よりも「悲しみ」の方が多いこともあるので、辛い状況を少しでも避けたい方は、職場選びを慎重に行ってください。

5、やりがいがある

無意識に人間の表情を笑顔にしてくれる「ペット」ですが、人気の裏には、とても悲しい現実もあります。
悪質なブリーダーによる犬の虐待や飼育放置、飼い主の虐待や遺棄など、深刻な問題が全国各地に広がっています。

その他にも、ペットフードの質向上やペットを取り巻く環境の変化によって、犬の高齢化、飼い主の高齢化による問題も社会問題となっています。
悲しい環境におかれている動物を1匹でも救えるのが、ペット関連の仕事です。

例えば、血統書つきのワンちゃん、猫ちゃんだけを販売するのではなく、殺処分対象の動物に新しい飼い主を見つけるという取り組みを積極的に行うペットショップや、保護犬猫の処分件数を減らすという取り組みを本格的にスタートさせている自治体もあります。

さらに、飼い主の高齢化を受け、飼えなくなったペットの引き継ぎ相手を探したり、高齢のワンちゃんを受け入れ、最後まで幸せに飼育する、という介護施設なども数多く誕生しています。

このように、ペット関連の仕事には、動物社会を大きく変えるほどの「やりがい」があります。
ただ、可愛い、楽しいだけでなく、大好きな動物の将来を少しでもより良いものにしたい、と願っている方にとって、とても価値のある仕事といえます。

以上、ペット関連の仕事に就く5つのメリットを紹介しました。
楽しいだけでなく、ものすごく奥深いメリットがあるのが分かりますよね。

現在、ペット関連の仕事に就くかどうかで迷っている方は、ぜひ深みのあるメリットを参考にどんな職種につきたいか、改めて検討してください。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事