menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

ペット関連の仕事はどんな人に向いている?性格と適正

ペット関連の仕事に向いている性格と適正

ペット関連の仕事は、動物好きにとってまさに理想の職場です。
ただし、「好き」や「可愛い」という単純な理由だけで、こなせる仕事ではありません。

些細な失敗が、「死」という取り返しのつかない状況になる事もあるので、安易に考えて仕事を決めるのは禁物です。
この記事では、どのような人が、ペット関連の仕事に向いているのか、性格や適正などをまとめています。

「知りたい!」が貪欲な人

動物を取り巻く環境は日々、目まぐるしく変化しています。
また一言で「ペット」といっても、数年前と異なり、ペットとして扱う動物の種類もかなり増えているのが現状

例えば、本来家畜として飼育されている豚や牛などを家族の一員として飼っている方も珍しくありません。
その他、凶暴なイメージのワニ、川辺でしか姿を見せないカワウソ、さらにペットとは程遠いイメージのカンガルーなど、想像をはるかに超える種類の動物が現在、どこかしらの家庭の「ペット」として養われています。

その数は、今後もさらに増えることが予想されますが、動物は種類によって生体も性格も体調管理や食生活もまったく異なります。
これまで経験してきたことや知識、技術だけでは、十分に対応できないこともたくさんあります。

そのため、日々貪欲に勉強しなければいけません。
些細な事でも「知りたい」、「習得したい」という気持ちがなければ、目まぐるしく変化するペット関連の仕事で活躍できません。

あなたは大好きなペット、動物のことなら、何でも「知りたい」と強く思い、そしてそれを行動にうつすことはできますか?

タイプ2、我慢強い人

残念ながら、現在のすぐれた技術や能力をもってしても、いまだ動物と会話する事はできません。
タカラトミーから発売された「バウリンガル」なる犬とのコミュニケーションツールなども誕生し、話題を集めていますが、それでもまだまだ・・・ですよね。

動物が何を考えているのかを理解できないことは、仕事を完璧にこなす上でもっとも苦労することです。
例えば、動物のケガや病気を治療する医療系で働いている方にとって、どこが痛いのか、どんな風に体調が悪いのか、を言葉で確認できないことは、とても大変な壁です。

細かくニュアンスを伝えられる人間ならものの5分で見つかる病気も、言葉の通じない動物の場合、数日から数週間かかることもあるでしょう。
そのため、その間相当な忍耐と我慢が必要です

でも、その忍耐と努力の先には、動物の健やかな生活が待っていると考えると救われますよね。
あなたには、その未来を見据えて耐えられる根性がありますか?

タイプ3、体力に自信がある人

ペット関連の仕事全般が「体力」を要求されるとは限りませんが、特に動物病院やペットサロン、訓練士やトレーナー、動物園など、直接動物と触れ合う機会が多い環境で働くには、「体力」そして「腕力」は絶対条件となります。

ペットの洗浄やヘアカット、爪切や肛門絞りなどを行うトリマーの場合は、1時間から2時間ほどは中腰で毛のカットなどグルーミングを行う必要があります。
1日に5匹ほどのワンちゃん、猫ちゃんに対応すると、仕事の間中はずっと中腰となりますので、足腰に自信がなければ続けられません。

さらに、すべてのワンちゃん、猫ちゃんが大人しくカットに応じるわけでもありません。
暴れたり、逃げたりするペットの体を全身で抑えたりする必要もあるので、その都度力が入ります。

ペットシッターの場合は、ペットゲージの掃除から食事の世話、排泄物の処理や散歩など、力仕事がメインとなります。
一度に数匹もの犬を散歩させることもあるので、自分が引っ張られないような体力は必要です。

タイプ4、「汚い」が平気な人

動物と直接かかわる、ペット関連の仕事では、動物の排泄物の処理、掃除、は必要不可欠です。
しかも、体調の悪いペットの場合、掃除のしにくい汚物の場合もあるでしょう。

中には、病気や怪我で、悪臭を漂わせたりすることも珍しくありません。
それでも愛情をもって、その作業に対応できる人でなければ、ペット関連の仕事に就く事はできません。

場合によっては、本格的なお仕事を任されるまで、「汚物や排泄物」の処理だけで1,2年対応させられる事もあるでしょう。
動物の「汚い」部分にもちゃんと向き合う事ができますか?

タイプ5、ケガが平気な人

大人しいペットもいれば、飼い主以外の人間には凶暴で時に、かみついたり、ひっかいたりする子もいるでしょう。
また慣れ親しんだ自宅とは違う場所に興奮して、暴れてしまう事も当然あります。

暴れたり、興奮したりする動物に、噛まれたり、引っかかれたりするのは、ペット関連の仕事ならではです。
特に獣医師や動物看護士、トリマーや訓練士、ペットシッターや動物園の飼育員などは、常に動物に係っているので、思わぬ怪我は、避けられません。

少々のケガや引っかき傷を作っても平気な人でなければ、この仕事は続けられませんね。
逆に、ペットを傷つけるようなアクセサリーやネイルなどのおしゃれも、もちろん禁物です。

タイプ6、コミュニケーションができる人

ペット関連の仕事をそつなくこなすには、飼い主とのコミュニケーションは必要不可欠です。
そのため、動物は大好きだけど、人間とは絶対にかかわりたくない、という方は、この仕事に向いていません。

中でも、動物看護士は、扱うペットの体調や食生活、性格などを詳しく知るため、飼い主と蜜に接しなければなりません。
その他、ペットショップやペットカフェなど来客が多い職場でも、対応するのは動物だけでなく、人間に対する接客業務も絶対条件なので、コミュニケーション能力がある人がこの仕事に向いています。

以上、6つの適正、性格を紹介しましたが、あなたは、どの職種に向いていますか?
「動物が好き」という単純な理由だけでは、簡単にこの仕事に就けない、という事も理解できましたよね。

上記を参考に改めて、ペット関連の仕事に就きたいのか、自分に務まるのかなどを判断してください。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事