menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

何歳からでも可能!ペット関連の仕事に年齢制限はない!

ペット関連の仕事に年齢制限はない

年齢制限によって就職できない仕事は世の中にたくさんあります。
例えば、見た目の華やかさやフレッシュさが重要なグランドスタッフの場合、正社員採用を20代半ばとしているところもあります。

さらに、警察官や国家公務員にも21歳から33歳前後までの年齢制限が設けられています。
その他、年齢によって就職できないという職業はいろいろとありますよね。

しかし、殆どのペット関連の仕事年齢制限はありません。
そのため、主婦や学生、定年退職後の方など、どのような年齢の方でも、ペット関連の職場で働く事は可能です。

若くても、高齢者でも働けるのがペット関連の仕事の魅力

とりわけ、「意欲」「体力」さえあれば、年齢に関係なく、働ける確率が極めて高いのがペット関連の仕事です。
ただし、接客業務や掃除、雑務といった業務内容が殆どなので、大好きなペットに触れる機会は少なくなるでしょう。

しかし、万が一資格取得を希望したとしても、ペット関連に必要な資格は、1年ないし、2年ほどで取得できるものばかりなので、例えば50歳から資格取得の勉強をはじめたとしても、52歳では、プロとして働く事ができます。

50歳という年齢からでも分かりやすく、続けやすい学習内容なので、現在、定年退職後に本格的に勉強をスタートさせている方も珍しくありません。
もちろん未経験でも何歳からでも働くことはできますが、資格があるだけで、お給料が高くなったり、責任感のある仕事を任せられたりと、やりがいを感じられる業務に就くことができるので、できれば、最低限必要な資格は今のうちに取得しておきましょう。

また年齢に関係なくなれるペット関連の仕事は、ショップ店員だけではありません。
動物看護士やトリマー、ブリーダーにペットシッターも、年齢にまったく関係なくできます。

ブリーダーの場合、夫の定年退職を機に、夫婦で本格的に活動しているという方もたくさんいます。
その場合、独学でももちろん必要な知識を習得できますが、「命」を扱う仕事なので、通信講座や専門スクールを2年ほど通うなど専門的に学んだ方がいいでしょう。

ブリーダー関連の専門スクールへの入学も年齢制限は一切ありません。

46歳で動物看護士になった方の実例!

では、ここで一つ、40歳の専業主婦から動物看護士になった方の実例を紹介します。
22歳で文系の大学を卒業し、その後、事務職として4年ほど働いたあと、結婚を機に退職。

その後、2人のお子様に恵まれ、44歳の時にようやく子供が独立し、自分の時間を楽しめる余裕ができたころ、ふと思ったのが、「動物に係る仕事につきたい」という、ずっと描いていた夢。

44歳からその夢を実現するのは、難しいという周囲の反対を押し切り、利用したのが、「動物看護士専門のスクール」。
いざ入学してみると、以外にも自分と同年齢の方が多く、しかも経験した職種、性別もバラバラ。

中には、50歳という大先輩の姿も・・・。
何十年と「勉強」という環境から離れていた為、授業についていけるか不安でしたが、ものすごく分かりやすく、資格取得に特化した内容だったので安心。

さらに、授業内容は凝縮され、週に3回ほどの通学で、はれて2年後、動物看護士の資格を取得。
その後、自宅近くの動物病院に正社員として採用され、今では、毎日ペットと係りながら、充実した毎日を過しています。

という、内容です。
この実例からも分かるとおり、何歳からでも「やる気」さえあれば、ペット関連の仕事に就くことができますよね。

本気で、動物と触れ合いながら仕事をしたいなら、今すぐ、どんな職種や資格があるのかを調べ、即行動するのみですよ。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事