menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

独学でもペット関連に必要な資格は取得できる?仕事に就ける?

独学でもペット関連の資格取得や仕事に就けるのか

ペット関連の仕事に必要な資格を取得する場合やその仕事に関連した知識や技術を習得するには、「習う」という方法と「独学する」という2つのスタイルがあります。
「習う」というのは、動物系のさまざまな知識、技術、情報に精通した先生、講師、実際に現場で活躍するプロの方から直接教えてもらう方法があり、大学や短大、専門学校へ通学するタイプと、通信講座などの自宅学習があります。

それとは異なり「独学」という方法は、文字通り、一人で勉強する、というスタイルです。

独学のメリットって?

動物関連の大学や短大、専門学校に比べて、はるかに勉強費用が安価なのが、独学の一番のメリットです。
通学の場合、高いところでは、年間100万以上の勉強費用が必要です。

しかももっとも短くて2年の通学が必要なので、最短でも200万以上の勉強費用を準備しなければいけません。
一方、独学の場合は、自ら選んだテキストや参考書、辞書さえあればいいので、高く見積もっても数万円程度の勉強費用となります。

さらに、通学の場合は「学校へ通う」必要があるので、通学時間、交通費等々も発生します。
しかし独学の場合は、好きな場所で、好きな時間に勉強できるので、時間のロスも無駄な出費の心配もありません。

動物系の資格を独学で取得できる?

費用面や通学時間、学習時間、場所など、通学スタイルと比べて多くのメリットがある「独学」ですが、はたして独学で動物関連に必要な資格や知識、技術を学ぶ事は可能なのか?

残念ですが、かなり難しいでしょう。
例えば、動物看護士に関する資格でいえば、必要とされる資格が民間資格です。

そしてその資格試験の受験資格として、各協会や団体が指定する専門学校やスクール、通信等の講座を修了することが条件となっています。
このような条件は、動物看護士だけでなく、他の資格試験にも設定されているので、独学では、どうしてもその壁を乗り越えられない事があります。

一方、トリマーのように特別な資格がなくても、働ける場合はというと、それも同様にかなり難しいといえます。
動物の生態や行動、飼育管理など座学については、独学でも時間をかければしっかりと学ぶ事はできます。

しかし、トリマーとして本格的に働くには、カットやシャンプー、ブラッシングにマッサージ、爪キリや肛門絞りなど、高い技術力がメインとして求められます。
技術力については、テキストや参考書の図解だけで理解する事はほぼ難しく、独学の最大の壁といっても過言ではありません。

さらに、資格試験の際にも、実技のテストが必ずありますので、独学でそれをクリアするのはほとんど不可能といってもいいでしょう。

「独学」はやる意味ない?

デメリットの多い独学ですが、やる意味がない、というわけではありません。
資格がなくても、ペット関連の仕事に就く事はできますし、実際に現場で何十年と経験を重ね、独学でプロとして活躍している方もたくさんいます。

なので、独学でも絶対になれない、やる意味がないという事ではないのです。
例えば、現場でトリマーの見習いとして4,5年経験し、技術力について先輩たちのお墨付きを得た方が、資格試験のために独学で勉強する事は大いに意味があります。

すでに技術力は、現場でしっかり身についているので、後は、知識だけを独学で得ればいいですよね。
逆に、数年前に資格は取得したけど、本格的に働くまでにブランクがある、という方も、復習目的で独学する事は、とても大事です。

さらに、いろいろな事情で、今すぐに通学や通信が利用できない方は、バイトやパートとしてまずはペット関連の職場で働き、現場で技術力を身につけ、独学で知識を得る、という独学のスタイルを活用する事もできます。

以上のことから、通学や通信に比べて、かなりデメリットの多い独学ですが、上手に活用できれば、資格取得も不可能ではありません。
ただし、別の勉強スタイルと比べて、かなり時間がかかり、遠回りの方法となりますので、それを覚悟の上で、利用してください。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事