menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

ペット関連の職種別収入、年収について紹介!高収入を得るには?

ペット関連の職種別収入・年収について

動物が大好きだからお給料なんて関係ない!
って、ことにはいきません。

「お仕事に見合ったお給料がもらえない」
「思っていたよりも収入が少ない!」

など、仕事に就いてから、収入面で問題が発生したら、仕事に対する意欲が低下するのは当然です。
また、高収入が期待できる仕事に就きたい、という方もいるでしょう。

この記事では、そんな方のために、ペット関連の仕事の収入面にスポットをあてて調べてみました。
現在、実際に掲載されている求人の内容から情報をまとめてみましたので、参考にしてください。

1、獣医師

厚生労働省の獣医師の年収賃金構造基本統計調査によると獣医師の平均年収は40歳で約639万円。
勤続年数が10年6ヶ月、労働時間月177時間、時間外労働月10時間、月額435800円、ボーナス等1158200円となっています。

この数字は、あくまでも一般的な勤務医の年収で、サンプル数も少なく、実態を完璧に把握しているとは限りませんので、参考程度におさえておきましょう。
また初任給は、とても少なく20万前後でのスタートというケースも珍しくなく、数年ほどの現場研修期間が必要です。

また勤務医、開業医、地方公務員、国家公務員として働く場合でも、それぞれで設定されている給与に違いがあります。
例えば、勤務医よりも開業医の年収が高く、民間よりも公務員の年収が高くなります。

しかし、開業医の場合、人気病院にならなければ、もちろん倒産のリスクもあります。
さらに、公務員よりも大手企業で成功できれば、それなりに高い収入を得る事も可能です。

2、動物看護士

動物看護士の仕事は、とても重要で広範囲であるため、高収入をイメージする方も少なくありません。
しかし、残念ながら、その収入には、かなりの差があります。

例えば、都心の人気動物病院へ勤務した場合は、初任給で20万から25万ほどの月給、年収で280万から350万ほどあります。
一方、地方、田舎の動物病院では、初任給で13,4万円というところもあり、働く地域でかなりの差が生じます。

また、地域だけでなく、病院の大きさ、評判、資格の有無によっても収入面に大きな違いがあります。
そのため、少しでも年収をアップするには、資格取得は必要不可欠です。

3、ブリーダー

ブリーダーの収入はゼロもしくはかなり高額な年収になるかのどちらかです。
例えば、成功した例をあげると

一度の交配で誕生した子犬20匹が1匹10万で販売できたとしたら、親犬1匹で200万ほどの収入がわずか1回の繁殖で得られます。
親犬が5匹いたら、1000万ほどの収入になることも稀ではありません。

しかし、一度の交配で必ずしも、元気で丈夫な子犬が誕生するとは限りません。
上記は、あくまでも完璧な成功例で、殆どの場合、年間で販売できる子犬の数は、30匹から50匹程度。

しかも親犬の数が多ければ、その分飼育、管理、繁殖に必要な経費がかかってしまうので、利益として残るは、わずか。
もしくはゼロという年もアルかもしれません。

高額収入を安定して得るためには、高度な繁殖知識、技術を得る必要があります。
また近年の悪質ブリーダーの事件を受け、ブリーダーに対する取締りも厳しくなるでしょう。

安全にかつ信頼あるブリーダーとして高収入を得るためにも、最低限の資格を取得することが賢明です。

4、トリマー

トリマーの年収は、年齢、経験、資格の有無、評判によっても大きく左右されます。
例えば、資格保持者で、経験年数が10年以上、お客様からの評判も良い、トリマーさんは、30代という若さにして、400万ほどの年収を得ています。

一方、20歳でトリマーの経験が2年ほどの有資格者であれば、年収は200万から300万程度で、月収14万というケースもあります。
さらに、無資格者で、経験が5年ほどでも、正社員としての採用が難しく時給900円で、月20日ぎっちり働いても13万ほどの手取りで終わることもあります。

収入の差は、資格の有無によって大きく影響を受ける職種なので、トリマーに必要な資格は絶対に取得しておくといいでしょう。
以上のことをまとめると

  • 地域によって収入に差がある
  • ショップ、病院の評判によって収入が異なる
  • 資格の有無が収入に影響を及ぼす

という事が分かりますね。
地域や病院の評判については、個人の力ではどうすることもできませんが、資格については、勉強さえしっかり行えば、必ず取得できるので、必要な資格は取っておくようにしましょう。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事