menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

将来役立つペット関連の技術はどんなもの?おススメベスト5

将来役立つペット関連の技術はどんなものか

「これさえあれば就職がしやすくなる」という注目のペット関連の技術を紹介します
以下の紹介する技術を身につけると、年齢性別問わず、仕事に困る事はありません。

また書類だけで判断されてしまいがちな就活でも、履歴書での目を引くアピールポイントとして堂々と記載する事ができます。

1、グルーミング、トリミング

ブラッシング
毛を整えたり、毛玉やもつれ毛をほしたり、血行促進を促し新陳代謝を活発にするなど。

シャンプー
汚れを除去し、皮膚をキレイに保つ、さらには、体臭を抑制したり、毛の質を向上させる。

カット
毛の長さを整え、衛生面を保ったり、見た目の印象を可愛くみせる目的がある。

肛門腺絞り
肛門腺にたまった分泌物の排出を促し、不快感を取り除く。

これら一連の技術をグルーミング、トリミングといいます。
トリマーに必要な技術として有名ですが、動物看護士やペットショップ、ホテルや介護施設等、動物を扱う場所で幅広く活用できるので身につけておくと大変有利です。

2、コミュニケーション技術

動物看護士やショップ、カフェなどあらゆるシーンで必要な技術がコミュニケーション技術です。
これは、対動物でも、対飼い主でも同じく要求されます。

例えば、動物看護士の場合、意思の疎通が難しい動物が対象となります。
細かな動作、しぐさ、行動をじっくり観察しつつ、コミュニケーションを上手に図りながら、動物の性格、体調の良し悪しを判断する必要があります。

また、ペットの飼い主に対するコミュニケーション技術も必要不可欠です。
飼い主でしか分からない事がたくさんありますよね。

それを飼い主の口から上手に引き出すには、対人間とのコミュニケーションが重要です。
ショップ店員の場合は、業務が動物のお世話だけではありません。

接客業務も大事なお仕事で、コミュニケーション技術は必要不可欠。
お客様を喜ばせたり、お客様に気に入られたりするほど高いコミュニケーション技術がある人は、ショップオーナーからの評価も高く、高収入アップも期待できます。

3、ペットセラピスト

ペットのことを良く知り、動物の持つ能力を最大限活用し、それを提供できる技術が、ペットセラピストです。
医療の現場でも今注目されている職種で、今後も需要が高まるでしょう。

さらにペットのことをよく理解できて、なおかつその能力を人間に向けて提供できるという優れた技術は、幅広いフィールドで活かすことができます。

4、繁殖技術

繁殖させる技術がなければ、ペットの種類や数を増やす事はできません。
そのため、なくてはならない動物関連の技術の一つです

またブリーダー以外にも、実験用動物の繁殖を行う職種もあるので、場所によっては、高収入、やりがいともに実感できます。

5、トレーナー技術

人間とペットが健やかに過すには、動物に対する指導、訓練さらに飼い主に対するアドバイスなどが必要です。
その仕事に必要なのがトレーナーとしての技術です。

この技術を活かし、トレーナーとして独立することもできますし、病院や警察署、税関や災害救助の場など、公的機関で働く事も可能です。
以上が、持っていて損は無いペット関連の技術ベスト5です。

どの技術も、あらゆるペット関連の職種に活かすことができる魅力的な技術ばかりなので、余裕のある方は、全部身につけておくといいでしょう。
またこの技術は独立開業を将来的に目指す場合でも、確実に役に立ちますので、ぜひチェックしておいてください。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事