menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

ペットに関われる職場ってどんなところがあるの?

ペットに関われる職場ってどんなところがあるのか

ペット関連の職場は、皆もがよく知っている動物病院やペットショップだけではありません。
この記事では、さまざまな分野に分けて、動物に係ってお仕事ができる職場を紹介します。

1、医療系施設系

動物病院以外にも、医療系のペット関連施設はたくさんあります。

動物介護施設

最近特に問題になっているペットの高齢化をうけて、急激に増えているのが、動物介護施設です。
高齢になったペット、飼い主が高齢で飼えなくなったペット、盲導犬や聴導犬を引退した訓練犬などを引き受ける施設です。

体の不自由になった動物がほとんどで、さらに最後を看取る必要もあるので、仕事はかなりハードで悲しい環境である事は間違いありません。
ただ、大好きな動物が最後まで安心して、そして健やかに過せるようサポートしていく事は、とてもやりがいがある仕事といえます。

病院、老人ホーム(人間)

セラピー犬と一緒に働ける職場が、高齢者施設や病院などです。
病気や怪我、高齢が原因で、体に不自由を抱えている人間の心を癒す仕事です。

2、ペットホテル系

飼い主が旅行や出張などでペットを一時的に世話できない場合に、預かるのが、ペットホテルや宿泊施設です。
その他、ペットシッターとして飼い主から直接世話を依頼された場合は、職場が飼い主の個人宅、もしくは自宅、という事になります。

3、公的機関系

公的機関にも動物関連の職場は多く、高収入で安定していることから、男性に人気のペット関連の職場です。
例えば、警察犬訓練士の場合は、職場が警察署となります。

麻薬探知犬訓練士は、税関職員が対応するので、職場は税関です。
さらに、各市町村には、迷い子や保護されたペットを預かる動物愛護センターが設置されております。

研究や実験などに活用される動物の繁殖、実験などを行う場合は、各研究施設が職場となります。

4、企業・会社系

動物のワクチンや薬、サプリメント、石けんやシャンプー等を製造研究開発する製薬会社、ペット関連の服、おもちゃ、グッズ関係を取り扱うアパレルショップなどといった職場でも、動物に係って働けます。

ペットフード関連は外資系の企業も多いので、そのような職場で働く事ができれば、高収入も期待できます。

5、ショップ系

もっとも働きやすく、多くの動物に触れ合うチャンスがあるのが、ショップ系の職場です。
犬や猫、フェレットなどの小動物から、爬虫類、熱帯魚、鳥類など幅広く動物を扱っている職場なら、毎日大好きな動物に囲まれて仕事できますよね。

またドッグカフェ、猫カフェが職場になると、飼い主との交流も深められるので、充実した毎日を過せるでしょう。
職場によって、環境も仕事内容も収入も異なるので、どのような職場があるのか、今のうちに把握しておきましょう。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事