menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

ペット関連の仕事の現状と将来性

ペット関連の仕事の現状と将来性

犬や猫さらにはその他のペットの現在の飼育状況は、年々増えています。
また、現在ペットを飼っていない世帯でも、この後「何かしらのペットを飼育してみたい」意向を示しています。

このことからも今後もペット関連の産業は、需要が高まるといってもいいでしょう。

さらなる質向上、技術力向上が求められる

まだまだ伸びしろのあるペット関連の仕事ですが、犬猫を含むペットの平均寿命が延びており、それに関する問題も増えています。
寿命が延びることで、飼い主とペットの良好な関係を長く続けることができますが、その一方で、動物病院を利用する回数も増えるでしょう。

また薬剤や治療に必要な医療具、その他ペッとフードや関連商品などの需要も高まり、多く生み出さなければ行けません。
その他、ペットに対する人間の意識もかなり変わっており、できるだけ質の良いもの、技術力に安心ができるサービス等を求める傾向にあります。

そのため、従来は資格がなくても就けていた職種でも、将来的には、資格がなければペット関連の仕事には就けない、という状況が近い将来起こるはずです。
なかでも、その動きが活発になっているのが、動物看護士の資格です。

これまでは、民間の資格としてバラバラに存在していたものが、統一資格、として国家資格になるかも?という動きがあります。
動物看護士に限らず、その他の職種においても、資格が最低限の条件として掲げられる可能性も高いので、将来にそなえ必要な資格を取得しておくといいでしょう。

また、現在ペット関連の職場で働いている方も、あらゆる飼い主の要望にしっかり応えられるためにも日々勉強に取り組み、これまで以上に優れた技術、知識を養わなければなりません。

ペット関連各団体等の将来への取り組み

動物を取り巻く環境の目まぐるしい変化に対応できるよう、ペット関連の各団体、企業では、次のような取り組みが始まっています。

1、ペットフード協会

ペットの生活の質向上を高めるため、ペットフードの正しい知識の習得が必要不可欠とし、次のような検定、認定制度を実施。

「ペットフード・マナー検定制度」(一般向け)
これは、ペットの健康管理の土台となる「食」の重要さを飼い主に広く、正しく知ってもらうための資格です。

「ペットフード安全管理者認定制度」(事業者向け)
ペットフードを安全に輸入、製造、販売を行う事を目的に設置された制度で、将来独立開業する方は是非理解しておきましょう。

2、ペット栄養学会

ペットの栄養面に特化した専門知識を養い、ペットの生活の質向上を目的に資格制度を実施。

3、ショップ、小売店、ブリーダー

特に飼い主と身近に接するショップや小売店、ブリーダーに関しては、最後までペットによりそい、よりよい環境を提供する、という指導を飼い主に徹底するよう求めています。
そのためには、犬種ごとに異なる性格や生体、などを詳しく把握すること、また飼育の方法や管理方法の指導の徹底、人間社会に適応できるトレーニング、動物に関する法律の徹底などができる、ショップ店員を育成する事を求めています。

将来的には、ショップ店員でも、動物飼育管理士やペットトレーナー、訓練士としての資格や動物愛護法の知識等がなければ、簡単に働けないかもしれません。

ペットの現状と今後の対策

現在は、減少傾向にあるものの、毎日440頭以上の犬猫の殺処分が実際されています。
それにかかる処分経費も450万以上。

さらに、保護される犬猫が減るようマイクロチップの装着も政府が推奨しているにも係らず、犬で全体の7%未満、猫で全体の2%未満と、かなり少ないのが現状です。
飼い主の管理下からはぐれてしまった犬猫、その他のペットは、愛護センターに保護された後、一定の保護期間を経て殺処分の対象になってしまいます。

このような悲しい事実を少しでも減らすには、ペットの健康管理の徹底、飼育管理の徹底、飼い主への指導の徹底、医療を受けやすい環境を整えるなど、各ペット関連の職場で働くもの、一人ひとりが責任をもつことで、大きな成果を挙げる事は間違いありません。

殺処分件数を減らす事は、動物関連で働くものの使命で、また日本経済に貢献することにもなります。
それを実現するには、一人ひとりがプロとしての活躍するため、最低限必要な資格、能力を身につけることが急務です。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事