menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

職種別ペット関連の仕事に存在する「やりがい」

職種別ペット関連の仕事に存在するやりがい

可愛いや大好きだけでは、できないペット関連のお仕事ですが、それを乗り越えた先に「やりがい」があります。
この記事では、職種別に「やりがい」を紹介します。

あなたが目指すペット関連の職種には、どのような「やりがい」があるのか、この機会にチェックしてみてください。

1、医療系

「命を守れる」

動物病院には、ケガ、病気などで苦しむペットが日々来院します。
それぞれのペットの具合によって、治療に時間がかかったり、苦労が多かったりしますが、動物の「命」を守る事ができます。

また、定期的な健康診断や検査によっても、だれかの大事なペットの健康を守る事ができます。
このような困難、苦労、努力、責任感のすべてを「やりがい」と感じる方も多いようです。

「感謝される」

いかなる命も絶対に諦めないのが、動物病院で働くモノの使命で、当然のことです。
だって、これがお仕事だからです。

しかし、飼い主にとってペットは、大事な家族の一員で、場合によっては、自分の命と引きかえにしても守るべき大事な存在。
だからこそ、動物病院の獣医師や看護士は、飼い主にとってなくてはならない存在なので、感謝されるべき人間となります。

本来やって当たり前の仕事なのに、心から感謝されると、この仕事をやっていて良かったと素直に感じられますよね

「次に繋がる」

医療系のペット関連の仕事は、辛い事が多い現場でもあります。
「命」を扱う仕事なので、ペットの死は避けて通る事はできない悲しい現実です。

しかし、悲しい「死」は、医療界にとって、次に繋がる大変重要な出来事。
1匹のペットの死が、将来のだれかの大事なペットを救う医療の発展に活かされていると考えると、高い「やりがい」を実感できる瞬間です。

2、美容系

「喜ばれる」

ぺットの見た目を可愛く仕上げるトリマーは、飼い主に喜ばれます。
飼い主の想像以上の出来なら、なおさら喜びは倍増ですよね。

施術後のペットを見た飼い主が、満面の笑顔を見せた瞬間、心のこぶしを高々とあげたくなる瞬間ですよね。
そのためには、あらゆる予防にも応えられるグルーミングの技術を磨く必要がありますけどね。

「病気や怪我の予防ができる」

獣医師や動物看護士のように、医療行為は行えないが、トリマーは、ペットの些細な変化を見つける事ができるお仕事です。
体のすみずみに触れて、シャンプーやブラッシングをするだけで、いつもとは違う変化がわかれば、それを飼い主に告げ、早めにケアができますよね。

また、ブラッシングやマッサージをすることで、血行や代謝を促進して、美容や健康面にプラスの働きがあります。
人間も同じように、定期的に体をケアすることで、病院いらずの体が維持できます。

このように、病気になってしまってからでは手遅れになる事も、トリマーのおかげで未然に防ぐ事ができるのも、やりがいの一つなのです。

3、研究・開発・製造系

「健康をサポートできる」

ペット関連の医薬品やペットフード、サプリメントなどを研究開発するペット関連の仕事は、直接動物に触れる事もなければ、自分たちが研究、開発、製造した商品を使う動物やその飼い主に、出会う事もありません。

しかし、その商品が、自分の知らないどこかで、ペットの健康を守っていると考えるだけで、仕事にやりがいが感じられます。
昨今のペットフード業界のこのような努力のかいあって、ペットの寿命は、従来よりもはるかにのびています。

年を重ねても病気をせず、健康で長く飼い主の側にいられる事は、ペットだけでなく、飼い主にとっても、すばらしい変化ですよね。
それに貢献しているのが、誰の目にもとまることのない研究、開発、製造にかかわっている方々なのです。

今日もあなたの知らないところで、ペットやその飼い主の笑い声が響いていると感じるだけで、やりがいがありますよね。

4、その他

最後に全てのペット関連の仕事に共通する「やりがい」が、将来に繋がる技術が身につくという点です。
毎日努力したことが、そのまんま、自分の力となり、自分の道を切り開く道具にもなります。

つまりペット関連は「手に職がつく」仕事なので、今やっている事は、全部無駄にはなりません。
手に職がつくと、転職や就職、復職や独立など、あらゆるシーンで大いに役立ちます。

その事を思えば、毎日が充実しやりがいに満ち溢れていることでしょう。
以上職種別に様々なやりがいを紹介しましたが、あなたの目指すペット関連の仕事にもやりがいはありましたか?

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事