menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

国家資格に民間資格?ペット関連の資格の種類や違いを教えて!

ペット関連の資格の種類や違い

ペット関連の資格は、従来に比べるとかなり数が多くなっています。
以前は、無資格でも仕事に就く事もできましたが、昨今のペットがらみの事件や犯罪や事故をうけ、ペット業界への取り締まりも厳しくなっています。

そのため、しっかりとした資格がなければ、採用を見合わせるという企業や会社も多くなっています。
この記事では、現在存在するペット関連の資格をいくつかピックアップして紹介します。

1、国家資格

獣医師

国家資格であり、資格の取得には、獣医系の大学6年制過程を卒業しなければいけません。
その後農林水産省実施の獣医師国家試験に合格することで「獣医師」の資格が取得できます。

この資格によって認められている仕事は、動物に対する治療全般、動物と人との共通の感染症の研究、臨床など幅広い業務に対応します。

動物愛護監視員

動物への理解と知識を普及するため地域の身近な相談員として活動します。
また飼い方の指導、助言など動物の愛護と適正な飼育の啓発活動も行います。

動物愛護を目的とする公益財団法人等の推薦を受け、各市町村から委嘱されます。

2、民間資格

動物看護士(動物看護師)

動物病院で動物の診察や治療を行う獣医師の補助、病院全般の業務の対応、入院中の動物の看護、世話、調剤等、多岐にわたる仕事を行います。

従来は、JCSAや日本小動物獣医師会、一般社団法人日本ペット技能検定協会など、各民間の団体がそれぞれで実施する資格で、動物看護師として働く事ができたのですが、今後は、一般財団法人動物看護師統一認定機構が実施する統一試験によって、資格が一本化される予定です。

また現在民間資格ですが、今後獣医師のように国家資格になる可能性も高い。

小動物介護士

ペットの世話や介護に携わる資格で、一般財団法人日本ペット技能検定協会が認定しています。
動物病院や介護施設での勤務から、飼い主からペットの管理について、相談されることもあります。

また、老犬や老猫の介護ケアだけでなく、施設を開業、運営するには、「動物介護ホーム施設責任者」の資格取得も必要です。

動物管理士

小動物飼養販売管理士(協同組合ペットサービスグループ実施)
愛玩動物飼養管理士(日本愛玩動物協会実施)
小動物管理士(日本ペット栄養学会)

上記3つの民間団体がそれぞれに実施する「動物管理士」は、ペットの栄養や健康増進および、ペットフードの品質向上等に関する知識技術を取得する資格です。
各団体によって、受験内容や資格条件、費用等が異なります。

愛玩動物救命士

全日本動物専門教育協会などの民間団体が実施する資格で、ペットの健康や安全に関する基本的な知識を身につけるために役立つ資格です。
介護、福祉、医療等の現場で活躍できる資格で、各団体が実施する講座受講後、試験に合格して取得できます。

家庭動物管理士

命ある動物を販売する者に必要な資格で、社会的役割の自覚および、職業倫理向上、飼い主への情報提供など幅広く動物についての知識や技術を習得します。
以前の家庭動物販売士から、2015年に名称が変更。

ペットショップオーナー、ブリーダーなどには、必要不可欠な資格です。

認定トリマー

日本動物衛生看護師協会やジャパンケンネルクラブなど、各民間団体が実施する資格です。
ペットの毛のカット、シャンプー、ブラッシングなどのトリミングから体調管理等に対応。
初級から上級までランクが各団体で分けられています。

認定トレーナー

ペットの訓練士で、警察犬、麻薬探知犬、盲導犬や介助犬を訓練したり、家庭犬のしつけなどを行う資格です。
日本ドックトレーナー協会等が実施する民間資格で、初級レベルのD級から難易度の高いA級ライセンスまで設置されています。

ペット繁殖指導員

日本ペット技能検定協会実施の資格で、ペットを繁殖させる知識、技術を持った人に与えられます。
ブリーダーとして活躍する方に必要な資格で、年齢制限なしで受験できますが、協会指定の講座をすべて受講した者に限られます。

ペット飼育アドバイザー

ペットのあらゆるケアのスペシャリストに与えられる資格です。
飼い主の体調管理、しつけ、気になることなど、飼い主の身近な相談相手として活動する仕事に必要な資格です。

ペットビジネスコンサルタント

文字通りペットビジネスに関するあらゆる情報に精通したプロに与えられる資格で、確実なデータを用いて、ペットビジネス運営で活躍します。
昨今のペットマーケットの需要が高まる中、ペットビジネスコンサルタントのニーズも高まっています。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事