menu

ペット関連の資格と仕事に就く方法

実施団体によって違う!ペット関連の資格を取るまでの期間や費用

ペット関連の資格を取るまでの期間や費用

ペット関連でプロとして活躍するには、資格は必要不可欠です。
現在、国家資格と民間資格、公的資格と大きく3つの資格が存在しますが、この記事では、人気の資格をいくつかピックアップして、資格取得までの期間や勉強費用等を紹介します。

あなたが目指すペット関連の職種に必要な資格は、どのくらいの期間と費用が必要かをチェックしてください。

1、獣医師

国家資格となる獣医師免許を取得するには、まず、獣医系の大学で6年間勉強しなければいけません。
卒業後、農林水産省実施の獣医師国家試験に合格してはれて獣医師免許証が交付されます。

試験は年1回で、受験費用は13900円となります。
獣医系大学は、全国におよそ16校ありますが、入学費用を含め初年度の学費が100万前後で、もろもろの費用を含め6年間で1000万ほどかかることもあります。

これは、あくまでも勉強費用のみなので、その他住居費、交際費用などが絡むとさらに膨らむ可能性もあります。

2、ペットシッター

日本ペットシッター協会認定の民間資格で、協会が指定する通信講座、スクールに通学することで受験資格が得られます。
通信講座の場合は、受講期間が半年、スクール通学の場合は、指定の会場での1週間の受講となります。

勉強費用は、通信講座で5万から6万程度、通学コースは8万から10万弱となります。
これらには、認定試験費用も含まれています。

3、動物看護士(動物看護師)

動物看護士(動物看護師)の資格取得までの期間や勉強費用等は、どの経路で、勉強し、受験をするのかによって大きく異なります。
例えば、4年制の大学に進学した場合は、卒業までに4年かかり、その後1年1回実際される資格試験に合格して動物看護師の資格が取得できます。

大学の場合、年間50万から100万円の学費が通学年数に応じてかかり、4年生では、400万前後の勉強費用が資格取得までに必要です。
一方、通信講座などを利用した場合は、早くて半年から1年で資格取得に必要な学士が取得できます。

その後年1回実際する試験に合格できれば、動物看護師の資格が取得できます。
通信にかかる費用は、5万から10万前後で、分割にも対応しています。

受験費用は、12580円。

4、小動物介護士

小動物介護士は、専門学校への通学スタイル、通信講座スタイルによって、勉強費用や資格取得までの期間に大きな差があります。
専門学校は、最低でも2年は通学の必要があります。

また、各学校によって費用は異なりますが、平均して、年間100万円前後の学費が必要です。
一方通信講座の場合は、学習期間が半年から1年程度で、最も安いところで、4万前後、高くても9万から10万の学習費用で資格取得に必要な知識技術が得られます。

受験料は、各団体実施によって異なりますが、5千円から6千円前後で取得できます。

5、動物管理士

民間団体が実施する資格で、団体が指定する通信教育を受講することで、どなたでも受験の資格が得られます。
ただし、2級は18歳以上、1級が2級取得者という条件がありますので、注意してください。

通信講座の受講期間は、半年から1年未満で、資格試験は、年2回実施されます。
受験料は2級で3万円、1級で3万2千円、認定登録料が2級で5千円、1級で2万円となります。

6、認定トリマー

トリマーに必要な資格はすべて民間資格です。
早く安く受験に必要な学習ができる通信スクールが人気で、費用は10万から30万前後。

学習期間は、一般的に1年程度で、講座終了時点でトリマーの資格試験に受験できます。
ただし、受講代以外のテキスト、資格認定費用は別途必要となります。

資格受験費用は、各団体によって異なります。
例えば、日本ペット技能検定協会実施の資格試験は、受験料が5千円、ライセンス交付費が1万2千円、JCSA認定トリマーは、受験費用が各級5千円で、ライセンス交付費が8千100円となります。

以上、各資格に必要な学習期間、費用について紹介しましたが、受験費用、学習費用ともにその都度変更がありますので、各団体の公式サイトでご確認ください。

ペット関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 動物関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ペット関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事